SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
clock
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

283/365

今井翼 1st Single 『BACKBORN』絶賛発売中★
もちろん全力で応援しますわよ?
そんなケータイブロガーたろがポチポチ呟く大きめの独り言…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さらばマル地の星


毎日王冠の奇跡の差し脚とか、マル地(地方競馬出身)故にクラシック登録が出来ず…とか、まさかのG1連闘!とかで、君が競馬ファンのアイドルになった頃、たろはまださほど競馬に興味はなく。

されど馬の世界とたろを繋いだのは紛れもなく君でした。


「燃え尽きた」と言われ、一番人気を譲った引退レースの有馬記念。


何の知識もないまま、ちょっとした社会現象に乗っかるような軽い気持ちで、君の単勝を当時ハマっていた友人に頼んで買ってもらいました。


オッズは確か880円だったとおぼろ気に記憶。


当然、君の人となり…じゃない、馬となりは何も知らないし、思い入れなんて小指の先ほども無かったのに、四角回ってきた君のあの薄いグレーの顔面が上下するのを見てると、みるみる涙が溢れてきた。


霊で走ってるイメージ。

一完歩一完歩低く沈む頭に、前へ前へというひたむきさを感じたり。


胸にガツンと拳当ててくるような…そんな姿だった。

実は今でもあのシーンは見るだけで泣けちゃいます(笑)。


少し前に、牧場巡りに行った同僚に、今の君の写真を見せてもらいました。


流石に白くなったな…とは思ったけど、背垂れ(馬は年を取ると鞍をのせる辺りの稜線が下がってきます)もさほどなくて、まだまだ若々しかったのにね。

レースと同じく早い上がりで逝ってしまいましたね。

さすがの切れ味。






安らかにおやすみ。

続きを読む >>
| | 01:21 | comments(0) | - |
うがーっ!
じ…ジンガロが来るぅぅ…どーしよー;;

このスケジュールだとツアーにダダかぶりだよ。(あるの前提ですか私)

休みはそっちに使いたいよなぁ。

でもジンガロ見たい。

ぐわあああ…悩むうう…

| | 09:13 | comments(0) | - |
Daydreamer
私が競馬を見始めた頃からすでに最上級のホースマン【武豊】

柔和なタレ目(失礼)のその実は、戦う男そのもの。

“開拓者”
“挑戦者”
“勝負師”


競馬を少しでもがじった者は、彼が馬と会話出来ると信じていたりする。(笑)

誰もが近付くのも躊躇する様な馬を、いとも簡単に馭してしまうから。

けれどそれには理由がある。(たぶん)

かつての(競馬の)師匠が言った。


「見えるんだよ、馬(の望んでること)が。いや、見てるのかな…」

曰く、馬の行動の理由を“何に怯え”“何を嫌って”“何を歓ぶ”のか…馬の表情や歩様から、常人では気付かない事を彼は見つけるのだと。
与えられた天賦の才も、育った環境も勿論あるだろうが、“見る”事を勉めてしてきた匠の技なんだと。

もちろん本当の所は分からない。

けど、ただ名馬に恵まれてきたばかりでは無かったはずだ。


お互い喋らないからこそ、他の感覚全てを総動員して“見て(聞いて、嗅いで)”読み取る。
その上で馬に的確な指示を与えるのだと。

一朝一夕の諸行に非ず。



輝かしい記録の裏に、ギラギラとたぎるマグマ。

おそらく、鞭を置くまで、否、置いてなお、冷める事はないだろう。


前人未到の大記録を樹立したばかりというのに、「5000勝は不可能な数字じゃない。」とあっさり。
それでこそユタカ。
求道者でありつづけて欲しいです。


初騎乗から20年8ヶ月。


“JRA通算3000勝”

おめでとうございます☆


| | 00:36 | comments(0) | - |